個人で使用する3つの印鑑

印鑑イメージ

印鑑には、とてもたくさんの種類があります。
本来、それら複数の印鑑を使い分けることで、より安全に、より確実に、そしてより素敵に、社会生活を営むことができるのです。
まずは個人印。
個人で使う印鑑には、大きく3つがあります。

1. 認め印

いわゆる「三文判」と呼ばれる印鑑です。
日常的に使用される印鑑で、重要度は低め。
大きさも小さく、直径10.5mmのものが主流です。
とはいえ、認め印も立派な印鑑。
法的に効力を持ち、どんな契約書に捺印しようとも、それは反故にはできないので注意が必要です。

2. 銀行印

銀行に届け出る印鑑です。
銀行では、印鑑を登録して、同じ印鑑を以って口座を持つ本人かどうかを確認しています。
大きさは、直径12.0mm~15.0mm程度が主流ですが、特別な規定があるわけではなく、それより小さくても大きくても、銀行届出印として使用することは可能です。
銀行で口座を作る、窓口で引き出す、といった処理のほか、自動引き落としの手続き等にも必要になります。

3. 実印

特に大きな財産等に関わるところで使用する印鑑です。
こちらは、管轄の役所に届け出ることで、実印として機能します。
実印を使用する際には、実印として登録されていることを証明する「印鑑証明書」を添付しなければなりません。
土地や建物、車などの売買に使用されることが多く、もっとも大事な印鑑だとされています。
大きさも、直径13.5mm~18.0mmと大きく、男性ではフルネームを入れるのが普通です。

ひとことに印鑑といっても、用途などによって様々な種類があるのですね。

ページの先頭へ