基本の法人印鑑3本セット

社印イメージ

ところで、社印って会社を設立するには必ず必要になる印鑑だということを、ご存知ですか?
ネットではんこ屋さんなんかを覗いてみると、よく「会社設立3本セット!」なんてものが販売されているのを目にします。
実は、会社を興そうと思うのならば、この3本がないと話しにならないのです。

会社を設立しようと思うと、

  1. 会社を作るよー、確認してー、と届ける
  2. 会社作ったよー、登録してー、と届ける

の2つが必要になります。

1つめを「定款の認証」手続きといい、2つめを「登記申請」手続きといいます。
定款認証に必要な印鑑は、社印ではなく、発起人全員の実印ですが、登記申請に必要なのが、会社の実印に当たる「代表印」。
社印の中でももっとも重要な印鑑です。

つまり、会社を作るためには、少なくとも社印のひとつ「代表印」がなければ話しにならないのです。
代表印には、社名が入っていなければなりませんから、個人印を代用することはできません。

さらに、今起業するとなれば、必ず銀行の法人口座は必要となるでしょう。
ここで「代表印」をそのまま流用することは可能ですが、それって個人の実印を銀行印としても兼用するということ。

ちょっと無用心ですよね?
ですから、銀行印はまた別に作成するのがベターです。

さらに、個人でも普段は認め印をペタペタを押していますが、そういったちょっと汎用性の高い印鑑もなくてはなりません。
ちょっとした契約書や領収書などに、いちいち代表印や銀行印を押していたのでは、いつ印章を盗まれるかわかりませんからね。

そのため、会社での認め印に当たる社印(角印)を用意しておくのが賢明というわけ。
だから、会社設立には、絶対3本の社印が必要なのですね。

ページの先頭へ